ドイツ旅行記 その2

●ドイツ到着からベルギーへ(10/14~15)
はい、ドイツにつきましたよー。トルコから飛行機で約3時間。デュッセルドルフ空港に到着しました。
入国審査の時に英語がよくわからんので適当に聞き流しながら返事をしていたら怪訝な顔を
されてしまったので、慌ててにこやかに「バケーション!」と答えて事なきを得ました。奥さんがなぜか
一緒の受付に来ないで1人で審査を受けて、自分以上にあわあわしてましたけど。
無事に入国した後はまずはスカイトレインにのってデュッセルドルフ空港駅へ。

デュッセルドルフ空港だみゃー

次に向かうのは後ろに写っている赤い電車のRE(たぶん快速電車みたいなの)に乗って
エッセン中央駅へ。余裕が全然無くてこの間写真とかなし。あと全然気づかずに普通の切符で
1等席に座っちゃってました。「コレチガウヨ」って注意されただけで済んだのでよかったですけど…。

エッセン中央駅

そしてエッセン中央駅につきましたよ。ここからはUバーンっていう地下鉄に乗り換えて宿泊先の
最寄り駅に向かいます。黄色い電車に10分ほど乗っていると目的地のAltenessen Mitte駅に到着。
なんて読むんだろう。あるてねっせんみって?

黄色い電車
あるてねっせんみって

駅を出たらお店が何軒かあるのですが、日曜日なのでマクドナルド以外はみんな閉店中。
ドイツは基本的に日曜日は働いてはいけないそうです。エッセン中央まで戻らないとお買い物も
できないというわけなのです。
そして少し歩くと左手には立派な教会が。時間ごとに鐘が鳴るのですが、滞在中に1回だけ
狂ったように鳴り続けたことがありました。19時ごろから延々100回ぐらい。ちょっと怖かった。
そんなこんなでお宿とうちゃーく。ぼふー。

ドイツだドイツー
教会やー
お宿のベッドやー

旅の疲れと、明日の早朝からのベルギー日帰り旅行のためにこの日は早めに就寝。

明けて翌日。時刻は現在朝の6時。我々夫婦は今真っ暗なエッセン中央駅におります。
お隣の国ベルギーへの弾丸日帰り旅行を実現させるために始発に近い電車で向かうところです。
まずはICにのってケルンまで。2枚目の写真はピンクの耳を垂らした奥さんの後ろ姿。

この電車に乗ります
奥さんの後ろ姿

中継地のケルン到着。ケルンの大聖堂はまた明後日の水曜日に改めて見に行くので今日の所は
スルー。2枚目の写真の電車にのってブリュッセルまでいって、そこからさらに乗り換えてまずは
アントワープまで行きます。今はアントウェルペンって言うらしいですけど。

ケルン中央
行き先はブリュッセル

時間も8時ごろ。やっとお外も明るくなってきました。あ、ちょいちょい出てくるクロは今回の旅の
自分の分身です。トロかクロかAmazonダンボーか悩んだ末にクロになりました。
それはいいとして、この電車はシートが革張りでなかなか座り心地が良かったですよ。

異国の夜明けだみゃー
革張りシート

そんなこんなでアントワープに到着しましたー。隣に停車してたタリスかっこいいなー。

アントワープだみゃー
タリスかっこよす

それにしても駅舎がすごい。超かっこいい。昔のベルギーの人何考えてるの。超かっこいい。
思わず2回言うぐらい。

アントワープ駅舎その1
アントワープ駅舎その2

小腹が空いたので道々ワッフルを食べることに。わっふるわっふる。
ソフトクリームがすごい濃厚でおいしかったんですけど、溶けた分が垂れてきて食べづらい(‘A`)

わっふるわっふる!

目的地の道すがらに通りがかったルーベンスさんのおうち。今向かっているノートルダム大聖堂に
飾られてる絵をいっぱい描いた人、ぐらいにしか知らんのですけどね。

ルーベンスさん表札?
ルーベンスさんのおうち

そして目的地につきましたー。ノートルダム大聖堂だよー。

ノートルダム大聖堂だよー
超あおり

中はこんな感じ。

大聖堂の内部その1
大聖堂の内部その2
大聖堂の内部その3
大聖堂の内部その4
大聖堂の内部その5

大聖堂前の広場にはこんな記念碑もありました。日本語。

ネロ&パトラ

長くなったのでこのへんで。
…エッセンの話に行くまでまだだいぶあるなぁ。

続く

2017年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
過去のいろいろ
最近のコメント

Warning: file_get_contents(http://jwx.jp/user/l/n.php?cat=topaz&k=72) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/users/2/sadist.jp-kurubusi/web/kurubusi/wp-content/themes/topaz/baseft.php on line 1